フィラリアの症状は? | 中型犬用のハートガードプラスは中型犬に!

中型犬用のハートガードプラスは中型犬に!

フィラリアの症状は?

オレンジの薬と薬瓶

フィラリア症は、ハートガードプラスの医薬品などを適切に投与することで確実に予防することのできる病気です。蚊が活発化している時期に投与することでフィラリア症を防ぐのですが、投与し忘れてしまった場合や投与していない期間に感染してしまった場合、どのような症状が出るのか知っておく必要があるのではないでしょうか。症状を知っておくことでどうするべきか、早期発見に繋がるのではないでしょうか。フィラリア症に感染してしまうと、5〜6年かけて虫は体内で成長を続けます。そのため、体内に寄生虫が居ても気づかないことが多く、早期発見が難しいと言われています。フィラリア症には、慢性のものと急性のものがある、それぞれによって症状が違っています。慢性フィラリア症の場合、咳・息切れ・腹水・水を異常に欲しがる・散歩を嫌がるなどの症状が現われます。もし普段と違う症状を見かけた場合には、病院で検査を受けるようにするといいでしょう。慢性よりも危ない状態のものが、急性です。急性フィラリア症の場合は、黄疸や赤褐色色の尿を出すなど、明らかに普段と違う症状が現われます。急性フィラリア症の場合は大変危険な状態なので、見つけ次第すぐに病院へ連れて行くようにしましょう。症状が分かっているだけでも早期発見へと繋がります。何も知らないより知っているほうが異変に気付きやすいからです。息切れや水を欲しがるなど、暑い夏の日だと当たり前だと思いがちです。見落としてしまいそうな症状でも、実は重い病気にかかっている可能性はゼロではないので、気になる症状があれば、なるべく病院へ連れて行くようにするといいです。屋外にいる犬だけではなく、室内にいる犬や猫もフィラリア症に罹る可能性はあります。大丈夫だと油断をしていると大変なことになってしまうので、フィラリア症の予防は、ハートガードプラスなどの医薬品を使用して確実に予防しましょう。